Now Loading...

第1回大会|優勝インタビュー

団体戦優勝:伊勢赤十字病院(太田 明美選手、菊川 由美子選手 )
総ストローク: 150

菊川 由美子 選手 (写真左)
OUT40 IN37 スコア77

— 第1回大会の優勝おめでとうございます。大会に参加してみていかがでしたか?
 ありがとうございます。たくさんの方がいらっしゃるので、上位入賞出来るか半信半疑でしたが、2人で力を合わせて頑張った結果、優勝することが出来ました。普段ホームコースが違うので一緒に回ることはないのですが、お互い男女混合の月例競技などに出て腕を磨いており、大会前は「ベスト5には入りたい」と話をしていたのですが結果として優勝することが出来たのですごく嬉しいです。

— コースの印象はいかがでしたか?
 なだらかに上っている感じで、見た感じの距離よりも上りの距離感を自分で判断するのがなかなか難しかったです。練習ラウンドも1回しかしていなかったので、キャディさんのアドバイスには助けられました。自分の感覚的にはこの距離なんだけど、キャディさんにもっとあるよと言われて・・・特に縦の距離の感覚が難しかったです。
グリーンが10.0・10.5フィートだったということで、菊川さんは違和感なかったようですが、私(太田さん)はちょっと苦戦しました。昼から4パットを12番と14番、2つしたので、本当にグリーンが難しかったなあと思います。

— クラブにもこだわりをお持ちですか?
(太田さん)そうですね、出会いを大事しています。調子が悪かったりそのときに変えたいと思ったら変えます。
(菊川さん)長年ゴルフをやっていますが、まだアイアンなど4代目なので、長く使う方なのかなと感じます。

太田 明美 選手 (写真右)
OUT35 IN38 スコア73

— 今回は女性だけのペアの大会でしたが、いかがでしたか?
 女性だけの大会への参加は今回が初めてでした。印象としては、ペアルックでもっと来てるのかなと思っていたので、別の大会で使用していたウエアをそのまま使ってペアルックで望んだのですが、ペアルックの方が2チーム程しかいなかったですね・・・いろいろ考えていたんですけど(笑)

— お二人は「三重県実業団対抗ゴルフ選手権でもご活躍されていますね。
 はい、前回大会は6位でした。スコアは77(太田さん)と83(菊川さん)でした。今回のワーキングウィメンズカップは三重県実業団と違ってアドバイスがOKだったので、お互い気持ちの面で助けられました。

— 二人にとってゴルフの魅力・楽しさはなんでしょうか?
 年齢層が幅広いことですかね。職場ですと上司や目上の人っという感じがありますが、緑に囲まれた環境でゴルフをするとそういった意識とは違う仲間意識が芽生えてくる感じがします。 また大会に参加することで、いろいろな方々と知り合いになって、ゴルフに呼んで頂いたりすることもあります。ゴルフをしなければなかったそういう出会いからの輪の広がりをすごく感じており、その出会いと輪の広がりも魅力の1つかもしれません。

— 最後に、お二人の今後の目標を聞かせて下さい。
 これからも競技ゴルフのほうで頑張りたいです。対外試合に出て少しでも成績を出せればいいなと。ホームコースではなく外で活躍したいですね。 ワーキングウィメンズカップは記念すべき第1回大会で優勝出来たので、次回もディフェンディング・チャンピオンとして、是非参加したいと思います。

女神の挑戦
輝く女性応援プロジェクト
TWW FASHION SNAP
女神の挑戦
輝く女性応援プロジェクト
TWW FASHION SNAP